ホーム > 法人破産

法人破産

法人破産

企業が倒産した場合に起こる問題は?

法人は、主に取引先への支払いや借金返済ができず、資金繰りができなくなったときに、破産の申立を行うことになります。
法人破産の申立は、個人破産とくらべて、複雑であり、調査すべき事項も多く、処理の方法も多岐に渡ります。
会社には、取引先(仕入れ先、販売先など)、取引金融機関、税務署、従業員など多くの関係者は混乱に陥ってしまいます。
債権者は我先にと債権回収に走り、商品の持ち出しなど自力救済に出ることも珍しくありません。
そのため、このような混乱が生じる前に破産申立をして法的手続に則った処理をすることが要請されます。

弁護士が法人の破産申立手続をサポートすることにより、倒産を巡る混乱や財産等の散逸を防止し、関係者への影響を最小限に食い止め、迅速かつ適正に法的整理を行うことが可能です。
法人破産の申立について、ご質問・ご相談のある方は当事務所にご連絡下さい。