ホーム > 契約書作成・チェック

契約書作成・チェック

契約書作成・チェック

後日の紛争を防止するためにも専門家による契約書の作成や契約書チェックが必要です。
契約書チェック

契約書とは、当事者の合意内容を明確にするために作成する書面のことをいいます。
多くの契約では、契約書を交わすことが義務づけられておりません。
そのため、日本の多くの企業が、発注書と受注書のみで取引を行なったり、口頭のみで取引をしています。

しかし、口約束だけではお互いの記憶も曖昧となり、トラブルの元となります。
金額や納期などの契約内容について当事者の間で認識が違った場合に、契約書が作成されていないと、どちらの主張が正しいかを明らかにすることができません。
その結果、当事者双方の契約内容の見解の相違から紛争が発生することになってしまいます。

契約書を作成する最大の目的は、後日、紛争が発生しないように、契約内容を明確にしておくという点です。
また、契約書を作成することによって、当事者の契約遵守の意識を高める効果もあります。
その他にも、将来、売掛金等の債権回収が容易にできるよう契約締結の段階で専門家のアドバイスを受けることや、契約内容が独占禁止法や下請代金支払遅延等防止法等に違反していないかといった確認も重要です。

契約書の作成や助言は、弁護士が企業に提供する最も基本的なサービスの一つですので、契約書作成、助言について、ご質問、ご相談のある方は、当事務所にご連絡下さい。