ホーム > 交通事故

交通事故

交通事故

交通事故でのトラブルを弁護士に相談するメリットは?

不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、損害賠償金はしっかり受け取ること我できるのか、後遺障害が発生したらどうしたらいいのか、今後どのように手続が進んでいくのかといった多くの不安と疑問を抱きます。
交通事故は、日常的、一般的に発生する事件ですが、法律的な面からみた場合、様々な難解な問題を含んでいます。
よりよい問題解決のためには、十分な法律知識が必要となります。

法律の専門家である弁護士が交渉することで、ご本人が交渉するよりも高額の示談金を獲得できる事例が多くあることや、保険会社が「これ以上は裁判を行なって下さい」と宣告した後に弁護士が入って交渉し、さらなる増額を勝ち取る事例があることも珍しくありません。
また、保険会社との煩雑な交渉や手続きも弁護士にお任せ下さい。
保険会社から提示された示談金額が適正なものかどうかを確認する意味でも、弁護士に相談しアドバイスを受けることをお勧めします。
交通事故について、不安、疑問、紛争があるときは、当事務所にご相談下さい。

交通事故発生から解決までの基本的な流れ

1. 事故発生

交通事故に巻き込まれたら、まずは、警察に連絡をして下さい。
また、怪我をされた場合は、直ちに病院に行き、診断を受けて下さい。

2. 通院治療

3. 症状固定
症状固定とは、簡単に言うと、「これ以上治療を継続しても、治療効果が上がらないと判断された状態」のことを言います。
主治医と相談して、このような状態になったと判断されれば、「症状固定」となります。
症状固定と判断されれば、原則としてその後の治療費は損害賠償の範囲に含まれません。

4. 後遺障害等級認定
事故で「障害」が残ってしまったら、後遺障害がどれくらい重いのかを確定する手続き「後遺障害等級認定手続き」を行ないます。
この手続きをすることにより、障害のレベル(後遺障害等級)が決まり、それをもとに損害額が明らかになります。

5. 損害賠償請求
① 後遺障害の等級が確定したら、そこで初めて損害賠償金の示談交渉に入ります。
② 示談交渉が成立しない場合は、交通事故紛争処理センターや訴訟などの法的手続きに移行します。

6. 解決

示談が成立又は訴訟などの法的手続きにより、損害賠償金の額が最終的に決まれば、その金額の支払を受け、解決となります。

弁護士特約について

被害者の加入する任意保険に「弁護士費用特約」が付帯していれば、一定程度の弁護士費用を保険で賄うことができますので、ご相談又はご確認下さい。