ホーム > 離婚問題

離婚問題

離婚問題

離婚問題を弁護士に相談するメリットは?

離婚問題は、離婚すること自体を争う場合や、離婚自体にはお互い納得していても、財産分与額や慰謝料額に争いがある場合、子の親権や養育費、面会交流について争いがある場合など、紛争形態は様々であり、複雑な法律問題を含んでおります。
また、当事者同士が感情的になってしまい、紛争が長期化してしまうことも多くあります。
弁護士に相談・依頼することにより、法的な観点から適切なアドバイスを受けることができ、離婚調停、離婚裁判になった場合は、代理人として離婚問題を適切な解決へと導きます。
離婚問題でお悩みの方は、当事務所にご相談下さい。

離婚問題の解決までの流れ

1. 協議離婚

夫婦間で離婚について話し合いを行います。
話し合いが成立すれば、協議離婚が成立となります。
協議離婚の段階から、親権、財産分与、離婚慰謝料等について専門家によるアドバイスを受けることをお薦めします。

2. 離婚調停
離婚条件等に関して、夫婦間での話し合いができない場合、離婚調停を申し立てます。
離婚調停は、2名の調停委員が当事者双方から別々に事情を聞き、離婚条件等についての話し合いを進めていきます。
およそ月に1回、調停期日が開かれます。
調停での話し合いがまとまれば、離婚が成立します。

3. 裁判離婚
調停でも離婚が成立しなかった場合、家庭裁判所に離婚訴訟を提起し、裁判所による判断を仰ぎます。