ホーム > 債権回収・債権保全

債権回収・債権保全

債権回収・債権保全

債権回収を弁護士に依頼した場合のメリットは?方法は?

債権回収とは、取引先から商品やサービスの代金を支払ってもらうこと、あるいは強制的に取り立てることをいいます。
取引先が約束通りに支払ってこない時にどうやって支払わせるかが債権回収のポイントです。
債権回収の基本的な流れは、①任意の回収→②担保による回収→③強制的な回収となります。

① 任意の回収
「任意の回収」とは、取引先の協力を得て、裁判手続に頼らずに債権を回収することをいいます。
裁判手続などをとるよりも費用、時間がかかりませんから、まず取引先と話し合って債権を回収することを目指します。
弁護士からの連絡により、任意に支払ってくる取引先も多くみられます。

② 担保による回収
取引先が約束通りに支払わないときに備えて担保を取得している場合には、担保権によって債権を回収することができます。

③ 強制的な回収
取引先が協力的ではなく、担保も取得していないという場合には、裁判所に訴訟を提起して、勝訴判決をもらいます。
その上で、取引先の財産に対して強制執行をして、強制的に債権を回収します。
また、債権保全とは、債権回収を容易にする手段をいいます。
取引先の倒産時に慌てて債権回収をしようとしても、タイミングは遅すぎます。
取引先が万が一倒産した場合にも回収可能性を高めるため、平常時ないし遅くとも信用不安時から債権回収のための保全対策を取るようにする必要があります。
債権保全、債権回収について、ご質問、ご相談のある方は、当事務所にご連絡下さい。